ホーム > ピックアップ > 保証人のこわさ

保証人のこわさ

自己破産で抱えている負債に関して保証する人が存在する場合は、きちんと連絡をしておくべきでしょう。

 

ここにおいて、強調しておきますが、借金に保証人が存在するときは、破産申告の前にちゃんと考えなければいけません。

 

というのはもし破産手続きを出して免除されると、その人たちがあなたが借りた借金をいっさいがっさい支払うことになるからです。

http://yukkurnonbiri.blog.shinobi.jp/

ですので、破産の前に保証人となる人に今までの現在の状況を説明して、謝罪の一つも述べなければならないでしょう。

 

これらのことは保証人の立場に立つと当然必要なことです。

 

みなさんが自己破産することにより、強制的に高額の債務が生じてしまうのですから。

 

それで、それからの保証する立場の人の選ぶ手段は4つになります。

 

1点目ですが保証人である人が「いっさいを返済する」というものです。

 

その保証人がいつでも大きなカネを簡単に返せるほどのようなキャッシュを持ち合わせていれば、この手段を取ることが可能でしょう。

 

ただその場合はそのまま破産手続きせずに保証人自身に立て替えてもらい、自分は保証人に毎月返済するという方法も取れるのではないかと思います。

 

もし保証人があなたと関係が良いなら、ある程度期日を猶予してもらうことも可能かもしれません。

 

たとえまとめて返金不可能だとしても、話し合いで分割での返金に応じるかもしれません。

 

保証人に破産による整理を実行されてしまうと、貸金がまったく返ってこないリスクを負うからです。

 

また保証人が負債を全額負う経済力がないならあなた自身と同じく借金を整理することを選ばなければなりません。

 

続く方法は「任意整理をする」処理です。

 

この方法を取る場合貸した側と落としどころをつけることによって5年以内くらいの期間で完済していく方法です。

 

実際に弁護士事務所にお願いするときの経費は債権者1社ごとに4万。

 

全部で7社からの負債がある場合約28万円必要です。

 

債権者側との示談は自ら行うことも不可能ではないかもしれませんが経験のない人の場合相手側が自分に有利なプランを勧めてくるので、注意が必要です。

 

また、任意整理を選択するとしても保証人である人にお金を代わりに払ってもらうわけですから、借りた人はたとえ少しずつでもその保証人に返済していく必要があります。

 

さらに3つめは保証人となる人も返済できなくなった人と同じく「破産手続きをする」場合です。

 

保証人となる人もあなたと同じように自己破産をすれば保証人である人の負債もチャラになります。

 

しかしながら、保証人である人が戸建て住宅などを登記しているならば所有する財産を没収されますし法令で資格制限のある職業についている場合影響がでます。

個人再生による手続きを検討するといいでしょう。

 

一番最後の4つめの手段は、「個人再生という制度を使う」ことができます。

 

戸建て住宅などを手元に残しつつ整理をしたい場合や破産宣告では資格制限にかかる職務についている方にふさわしいのが個人再生です。

 

この処理の場合、自分の住宅は残りますし、破産申し立てのような職業の制限、資格制限等が何もかかりません。

 


関連記事

運動が続かない人の1つの手段。
運動のやる気と維持をするためになくてはならない場所...スポーツクラブ。 運動す...
結婚後に借金発覚
自分自身の話になりますが、結婚直後に嫁の借金が発覚したときに失敗したなと思いまし...
保証人のこわさ
自己破産で抱えている負債に関して保証する人が存在する場合は、きちんと連絡をしてお...
自分だけの物語を描く
初めてエントリーする時という場面では何をおいても事前調査を怠ってはならない。 h...
少しずつ少しずつ
民事再生は住宅のためのローンを含めて多重債務の問題に苦しめられている方を念頭にお...
任意整理による解決
特定調停という方法も任意整理による手続きと同じように各債権者への支払いを続けてい...