ホーム > ピックアップ > 少しずつ少しずつ

少しずつ少しずつ

民事再生は住宅のためのローンを含めて多重債務の問題に苦しめられている方を念頭において住宅を維持したまま経済面で再建するための法的な債務の整理の方法として2000年11月に施行された制度です。

でかいティートーク

民事再生には、破産手続きとは違って免責不許可となる要件がないので、浪費などで借金がふくらんだ場合においても民事再生はできますし、破産申請をすれば業務の停止になる可能性がある資格で仕事をされているような場合でも制度の利用が可能になります。

 

破産の場合には住んでいる家を保有したままにすることは無理ですし任意整理等では、元金そのものは払っていかなければなりませんので住宅ローン等も払いつつ返済を続けるのは難しくなるでしょう。

 

ただ、民事再生という処理を選択することができれば住宅のためのローン以外の借入はかなりの金額を減ずることが可能なため住宅ローン等を返しつつ他の借入金を返済していくことも可能ということになります。

 

ただし、民事再生という選択は任意整理と特定調停といった方法と異なりある部分だけの負債だけを除外扱いして処理していくことはできませんし、破産におけるように負債が帳消しになるわけでもありません。

 

さらには、そのほかの整理方法に比べある程度複雑で手間が必要ですので住宅ローンなどがあって住宅を手放すわけにはいかない場合などを除き、破産などのその他の整理ができない際の限定された手段と判断しておくのがいいでしょう。

 


関連記事

運動が続かない人の1つの手段。
運動のやる気と維持をするためになくてはならない場所...スポーツクラブ。 運動す...
結婚後に借金発覚
自分自身の話になりますが、結婚直後に嫁の借金が発覚したときに失敗したなと思いまし...
保証人のこわさ
自己破産で抱えている負債に関して保証する人が存在する場合は、きちんと連絡をしてお...
自分だけの物語を描く
初めてエントリーする時という場面では何をおいても事前調査を怠ってはならない。 h...
少しずつ少しずつ
民事再生は住宅のためのローンを含めて多重債務の問題に苦しめられている方を念頭にお...
任意整理による解決
特定調停という方法も任意整理による手続きと同じように各債権者への支払いを続けてい...