ホーム > 紹介 > トレードの中に立ち入ってしまう

トレードの中に立ち入ってしまう

いよいよ取引する時という段階では、一番に準備をサボってはいけません。

 

売買を始める前であれば、その物を論理的に調べる事が出来ます。

 

しかし、一度トレードの中に立ち入ってしまうと、何をしても捉え方が客観性を欠くものになり肝心な時に冷静な判断が分からなくなる危険があります。

 

それだけに自らの考え方が冷静な状況で、きちっと事前準備が大事です。

 

"準備"のためには、最初は自分なりの台本を考える事からスタートする。

 

マーケットはこうなってああなるから、豪ドルを取引するというような自分だけのシナリオを立てていくのだ。

 

その次は為替チャートを見ましょう。

 

以前の相場の値動きを見て今現在の値段を確認する。

 

そうすると、「ひどく高い状態になっている」そうでなければ「もうすでに大多数の仕かけているからこれから急にエントリーしても遅いな」などと理解できます。

 

当然ですがもうエントリーするのが遅いと思ったならば、手を出さないで、その状況ではすっぱりと割り切ることが必要です。

 

どう工夫しても自分の筋書きを押し通して、割り切らずに売買すると、外国為替相場に跳ね返されてしまい、反対に為替差損を受けることになる危険性があります。

 

ただ大体の状況で、準備が整った自らの物語を描いておくと買い(または売り)が手遅れというケースにはならないと考えます。

 

本格的に為替相場が変動する前のはずだから。

 

次は、注文しようと思っている通貨ペアの動きを調べる事が必要です。

 

例えばドル高が進むだろうという台本を作ったのであればドル円の上げ下げに注目しておきます。

 

為替相場の変化を注目し始めた段階ではまだドル円は誰の眼にも明らかに変化する雰囲気を見せることなく、上下にわずかな上下動を繰り返しているだけだろう。

 

しかしながら、その動きをじっくりと確認しているとある場面で円安の方向へと市場が変化し始めます。

 

ここでようやく、ドルの注文をします。

http://sanako2013.meblog.biz/

おおむね、そこまで十分に事前準備を進めておけば、そのトレードで稼げる割合はぐっと高くなります。

 


関連記事

興行ビザは必要なの?
興行ビザというかなり入管でも許可件数の多いビザであっても、その裏で膨大な不許可が...
事業協同組合の設立動向
事業協同組合に、最近新たな傾向が出てきたことをお役所も理解しているようです。私が...
結婚ビザの失敗
結婚ビザの申請は、日本の場合は入国管理局に行いますが、アメリカの場合は移民局にお...
トレードの中に立ち入ってしまう
いよいよ取引する時という段階では、一番に準備をサボってはいけません。 &nbsp...